募集要項

「スタッフみんなが意見を言い合えて視野を広げられる「道しるべ」になっていきたい。」石野 祐輔[スタイリスト・湖東店店長]

スタイリストを目指したきっかけ

「ヘアスタイルで気分も変えられるんだ。」と知った瞬間、自分の道になりました。

「ヘアスタイルで気分も変えられるんだ。」と知った瞬間、自分の道になりました。

ひらめきは突然やってくる ─ 私が美容師を目指すきっかけは、私が中学生だったある日、少し気分が落ち込むことがあって、美容院に行った時のこと。美容師さんが私の雰囲気を察してか、いつもと違うスタイルを提案してくれました。ショートスタイルだったのですが、雰囲気が変わり、新しい自分に出会ったような瞬間でした。「自分も人の気分を新鮮にする仕事をしたい」とひらめき、スタイリストを目指そうと思ったのです。

そして、高校卒業後は迷わず美容専門学校に進学。クレールに就職を決めた理由は2つ。「あそこの店、腕も感じもいいよ」と、クレールを行きつけの店としている友人の評判を以前から聞いていて気になっていたこと。もうひとつは、専門学校の研修でいくつかの美容院を見学する中、クレールを訪れた時、他店にはない雰囲気を感じると同時にいつかのひらめき体験がよみがえり「ここが自分の道しるべだ!」と直感したからです。

大切なのは「お客さま目線」で考える

ぐるぐるとまわった道が最短だった?「お客さま目線」に気づけたことが一番の収穫。

ぐるぐるとまわった道が最短だった?「お客さま目線」に気づけたことが一番の収穫。

クレールに就職して、最初の勤務店が湖東店、次に富塚店、その次に引佐店、そしてまた湖東店に戻ってきたところで店長になりました。この間6年、目まぐるしかったですが、クレールの全3店舗をぐるっと、一回りすることで、各店の店長やいろんな先輩、お客さまと出会い、いろんなことを学び、教えてもらうことができました。特にアシスタント時代は「仕事は自分が納得するまでやること」と考えていましたが、ここまでやらないとお客さまは満足しないんだという「お客さま目線で考える」ことを学びました。また、同時期にコンクールに参加する機会もいただき、運良く優勝できたことがさらに励みになりました。

現在、店長として、この店のスタッフ全員がいっしょに目標を達成し、良い結果を得られるよう道を創っています。これまでクレールが自分を導いてくれた分、今度はお返ししていく番じゃないかなと思っています。私は、スタッフがあまり業務的にならず、意見が言い合えて、いろいろな方向に視野を広げられるよう「道しるべ」になれればと考えています。

クレールはお客さまと私たちにとって良き出会いの場にしたいと思います。

もう少し聞いてみました

Q.休日はどんなことをしていますか。

お寺や神社めぐり、食やカルチャーに触れる旅とスノボ、スケボー、ブレイクダンスなどスポーツ全般。お客さまとの話題には事欠きません。

Q.クレールをほめてください。

人を育てようという気持ちがあります。
スタッフ間の交流もあり、学べることも多いです。

Q.将来の目標を教えてください。

店長として自分に足りない部分を埋めて成長していきたいと思います。

  • 中尾 正和
  • 森藤 菜美
  • 石野 祐輔
  • 宮崎 はづき